​弊社のコンサルティングの特徴

​・Gate. AI(人工知能)による大量データ分析

​膨大なデータと統計手法を基に人工知能(機械学習システム)による高精度な投資分析を実現

・豊富な実務経験

業界歴30年、10以上の不動産関連資格を保有のコンサルタントが直接ご相談にあたらせて頂きます。

・全期間利回りを基準に投資アドバイス

​購入時だけの利回り(表面利回り)ではなく、購入~運営中~売却までの利回り(全期間利回り)で不動産投資の入り口から出口までを購入時にトータルでアドバイス

Gate.コンシェルジュでできること

Gate.コンシェルジュとは、Gate.シミュレーション(物件の投資分析)に加え、お客様の希望やお悩みなどに、トータル的なアドバイスをいたします。

人工知能を活用した

​今までにない投資分析

今までの経験による勘に頼った提案ではなく、1億を超える不動産取引データを活用した人工知能で不動産投資を分析します。​

不動産投資知識の豊富な

​コンサルタント

宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、相続支援コンサルタントその他不動産コンサルティングに強い資格(CPM®、CCIM)ホルダーが在籍しています。

相談内容に応じ、各分野の専門家と連携

不動産投資で成功するポイントは強いチームを作ることです。不動産投資に特化したチームで売買・管理・税務までトータルにアドバイス&サポートします。​

人工知能を活用した​今までにない投資分析

今までの経験による勘に頼った提案ではなく、1億を超える不動産取引データを活用した人工知能で不動産投資を分析します。​

高精度なAI分析

10年以上かけて蓄積された1億件超の不動産取引ビッグデータを、独自開発したAIで解析。ディープラーニング技術によって将来のキャッシュフローとキャップレートを高精度で算出します。

当社ではお客様一人ひとりの要望、悩みに応じて解決策をご提案しています。

image12.png

査定した物件がGate.の査定値より下振れ側に出ている場合は、当該査定物件に何らかの理由が考えられます。それらの原因についてもコンサルタントが推察ご返答致しおます。当社では査定値より少しでも高く入居付け、少しでも安くご購入、そして高く売却頂けるように務めてまいります。

image22.png

当社では全期間利回り(IRR)を基準に物件購入の判断、ご提案を行っています。

※全期間利回り(IRR)を出力できるのは全国で「Gate.」だけです。

image21.png

購入の時点で将来の運営予測ができるため、ご購入後の運営上の変化にも早い段階で様々な対策案をご提案しています。

image26.png

購入判断段階からご提案の物件をご購入して頂いても購入者様にとってメリットのある、利益が見込める物件をご紹介し、将来的にどの程度の利益が見込めるかをご提案致します。

image17.png

お客様のご希望に応じて安全率を考慮したご提案を行っています。
借入返済余裕率(DSCR)は一般的に複数棟所有していても全体で1.3以上が安全に不動産投資をする上での目安になります。

image19.png

税引前と税引後のキャッシュフロー計算の概算値を物件紹介時にご提供しています。

購入後は、年に1回程度実績とAI査定とを見比べてみてください。Gate.のシミュレーションでは家賃の下落、空室率の上昇など前もって様々なストレス(運用が悪化するシミュレーション)を掛けています。

ご提供する不動産投資シミュレーションをあえて辛口のシミュレーションにすることにより安心して不動産投資が出来る様に心掛けています。

AI査定の結果は運用の目安としてご利用頂いています。

image20.png

Gate.は金融機関の審査でも利用されているAIシミュレーターでもあり担保余力計算も算出可能です。共同担保提供を目的とした資産規模の拡大など、資金調達を活用したご提案などにも使うことが可能です。

不動産投資知識の豊富なコンサルタント

宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、相続支援コンサルタントその他不動産コンサルティングに強い資格(CPM®、CCIM)ホルダーが在籍しています。

曽我部 伸 Shin Sogabe  大阪支社不動産コンサルタント

建築・不動産業界歴30年。建築施工管理技士として住宅の建築の現場監督からはじまり住宅建築を経験しマンションのリフォームなどにも従事、坪単価29.8万円から100万円までの注文住宅の建築にも携わりました。マンション管理士として管理組合へのアドバイス、管理業務主任者として物件の管理業務、CPM®、CCIMとして不動産投資物件の購入・管理アドバイス、相続支援コンサルタントとして相続対策の提案、そして不動産コンサルティングマスターとして不動産投資物件の選別や組替えまで、ワンストップで不動産関連のコンサルティングを提案・実施・サポートいたします。

CPM®​(米国公認不動産経営管理士)

CCIM​(米国認定不動産投資顧問資格)

公認不動産コンサルティングマスター

相続支援コンサルタント

宅地建物取引士

​マンション管理士

​管理業務主任者

​賃貸不動産経営管理士

​CPM®とは

CPM®(Certified Property Manager®サーティファイド プロパティー マネージャー)はプロパティーマネージメント業務に従事する人に対して米国シカゴに本部をおくIREM(Institute of Real Estate Management)が認定した教育課程を修了し、一定の試験に合格したものにIREMより与えられる称号です。日本語に言い換えれば「不動産経営管理士」となります。

​CCIMとは

CPM®(Certified Property Manager®サーティファイド プロパティー マネージャー)はプロパティーマネージメント業務に従事する人に対して米国シカゴに本部をおくIREM(Institute of Real Estate Management)が認定した教育課程を修了し、一定の試験に合格したものにIREMより与えられる称号です。日本語に言い換えれば「不動産経営管理士」となります。

相談内容に応じ、各分野の専門家と連携

​不動産投資で成功するポイントは強いチームを作ることです。不動産投資に特化したチームでトータルアドバイス&サポートします。

・依頼相談に応じて、オリジナルチームを組成

・メンバーは不動産投資に特化している実績のある専門家たち

​・各専門家との交渉や打ち合わせ等、弊社が代行いたします。

​ (窓口の一本化)

こんな方におすすめ

「Gate.コンシェルジュ」は、不動産投資全般の疑問やご不安を解決いたします。

物件購入、何から始めればよいか分からない

売却のタイミングを知りたい

所有物件の棚卸し、
物件の市場価値、固定資産税評価を知りたい

家賃を下げない方法を知りたい

空室対策した方がいいか売却する方がいいか

法人化したほうがいいのかのポイントを知りたい

資産を増やし年金対策を進めたい

​月々のキャッシュフローを改善したいが、どうしたらいいか?

融資条件変更、融資改善のポイントを知りたい

​VOICE

購入前に相談して安心しました。

物件をご紹介頂いた他の不動産会社の担当者への質問の回答がどうしても腑に落ちず、
セカンドオピニオン目的として利用させて頂きました。
人口減少や空き家問題など、ニュースで知っていたので、どれくらいリスクがあるのか質問したところその担当者からは「物件の場所が良いので大丈夫」と具体的な話を聞けず正直不安でした。そこでこちら(リーウェイズ)に相談したところ、「当物件の空室率は6.62%・家賃は10年間で8%下がるリスクがあります。」と具体的なリスクや将来の資産推移(物件価格)などを教えて頂けた為とても安心できました。
結果的に家賃下落や空室率、将来の売却価格をシミュレーションして頂いたところ、提案された内容よりも儲からないことがわかり、契約前だったので契約をキャンセルすることにができました。


 30代/男性/会社員

軽い気持ちで相談したら200万円も高く売却出来ました。

昨年相続で引継ぎ、そのままにしていたマンションに買いたいと突然、不動産会社から電話がありました。私たち家族には利用の予定がなかったため、売れるのであればと売却しようと考えました。どうせなら高く売りたいと思い、不動産の事をよく知っている職場の友人に相談したところリーウェイズさんをご紹介して頂きました。
リフォームもせずそのままにしていた物件でしたので、安いんだろうと思っていました。しかしリーウェイズさんはリフォームをしないままだとこれくらい。これくらいリフォームをすればこれくらいと色んなパターンで提案をして頂きました。
あまりお金を掛けたくなかったので、そのままで売却をスタートしました。リーウェイズさんに売出ししてもらい、リフォームは行わずに現状のままでお電話を頂いた不動産会社に提示された金額より200万円値上げして売却することが出来ました。軽い気持ちでお問い合わせしましたが、結果的に200万円も高く売れて大変満足しています。リーウェイズの皆さんありがとうございました。

 

40代/女性/無職

​さらにこのような相談をご希望の方におすすめ

​Gate.シミュレーション

「Gate.シミュレーション」とは、弊社が開発した人工知能(AI)投資分析ソフト「Gate.」により、ご依頼の物件のあらゆるデータを分析します。

  • 現在の家賃相場・物件価格を知りたい

  • 20年程度先までの家賃推移を知りたい

  • 20年程度先までの資産価値推移を知りたい

  • 20年程度先までの空室率上昇率を知りたい

  • 物件エリアの市場特性を知りたい 

  • 物件エリアの将来の人口動向が知りたい

  • 物件エリアの3年程度先までの建築計画を知りたい

​など 物件の分析についてご相談下さい。

Gate.コンシェルジュ+Plus

Gate.コンシェルジュ+Plusとは、不動産による資産運用を進めていく上での長期的視野に基づいく、土地活用・相続対策・遺産分割・民事(家族)信託の組成などの対策・改善を高度かつ専門的な知識が必要な不動産の悩みを解決・サポートいたします。

  • 親の自分の相続に向けた準備がしたい

  • 遺言の書き方や書換えなどの相談をしたい

  • 遺産の分け方などの相談がしたい

  • 引継いだ不動産の今後の対策を相談したい

  • 民事(家族)信託の相談がしたい

  • 我が家の相続の課題を知りたい

  • ​相続税を減らす対策を相談したい

など、不動産による資産運用、相続対策についてご相談下さい。

リーウェイズ アセットコンサルティングが選ばれる

3つの理由

​ビッグデータ

​人工知能分析

​グローバルスタンダード

の投資分析

米国では不動産インデックス(賃料相場、売買相場家賃、運営費、分析指標、エリア情報)が整備されており、誰でも簡単に不動産についての分析をすることが可能です。
しかし日本にはそういったインデックスが整備されておらず、データに基づく分析をすることができませんでした。
そこで、我々は2008年から不動産のデータ取得を始め、大量のビッグデータを収集し、蓄積し、マクロデータ(人口統計、地価、商業度合などの統計情報)まで含めインデックス化して参りました。
この膨大なデータと統計手法を基に人工知能(機械学習システム)による高精度な投資分析を実現しました。
これにより地域や相場が異なる不動産(東京が良いか、大阪が良いかなど)を比較検討することが可能になりました。
リーウェイズにおける収益性を表す利回りは、空室率や諸経費を考慮しない表面利回りや賃料・価格の下落を考慮できない表面利回りではなく、将来にわたる賃料や物件価値の推移、運営費、貨幣の時間的価値までを含めた総合的な全期間利回り(IRR)を採用しています。
不動産投資における米国最高峰ライセンスであるCPM®及びCCIM®のグローバルスタンダートな投資分析理論を基礎として、膨大なデータに基づく客観的な将来予測数値を用いて、客観的かつ実現的なコンサルティングをご提供いたします。

©2020 by リーウェイズ株式会社 - Asset Consulting

  • Facebook
  • Twitter